歯周病

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石内の歯周病菌に感染することで、歯茎が炎症を起こしたり、歯槽骨(歯を支える骨)を溶かしたりする病気です。初期段階には痛みやしみなどの自覚症状が極めて少なく、気づかないうちに症状が進行しているケースも少なくありません。症状が進行して歯槽骨が破壊されると、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともあります。現在日本人が歯を失う一番の原因とされており、予備軍も含めて成人の約8割が罹患していると言われています。

大阪市北区・大阪市福島区で歯周病予防・歯周病治療ならこばやし歯科クリニックまでご相談ください。

歯周病の症状

歯と歯の間に食べかすが詰まる
ブラッシング時や硬いものを食べた時に、歯茎から血が出る
冷たいものや甘いものがしみる
歯がぐらぐらと動く
歯が伸びた気がする(歯茎が下がった)
歯茎から膿が出る
歯を磨いても口臭がする

歯周病検査

歯周病治療では、症状の進行に応じた治療方法を選択する必要があります。そのため、治療前にまずは症状の進行段階を確認する検査を行います。

歯周ポケット検査

歯周病の進行にともない、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなります。その深さを測定し、症状の進行段階を確認します。

歯の揺度検査

歯周病の進行にともない、歯がぐらぐらと動くようになります。ピンセットで歯をつまんで動かす検査を行い、症状の進行段階を確認します。

レントゲン検査

歯周病の進行にともない、歯槽骨が溶けていきます。レントゲンによって歯槽骨の状態を検査し、症状の進行段階を確認します。

歯周病治療

検査により進行段階を確認した後、症状に応じて次の治療を行います。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

中等度の歯周病に対して行う外科手術です。歯茎に麻酔をかけ、歯周ポケット内にこびりついた歯垢や歯石を取り除きます。

フラップ手術

重度の歯周病に対して行う外科手術です。歯茎に麻酔をかけた後、歯茎を切開して歯根を露出させ、歯根などにこびりついた歯垢や歯石、歯周病菌に侵された歯茎などを取り除きます。

歯周再生治療

歯周病によって失われた歯周組織を再生するために、症状に応じて次の治療を行います。

GTR

歯周ポケット内を清掃した後、歯周組織を再生させたい部分に「メンブレン」という人工膜を入れ、組織再生のためのスペースを確保して治癒をはかります。組織が再生された後、メンブレンを除去します。

エムドゲイン

歯周ポケット内を清掃した後、歯周組織を再生させたい部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を入れ、組織再生を促進します。エムドゲインゲルは体内に吸収されるので、メンブレンのように除去する必要はありません。

症例

歯周病治療 症例

治療前

審美的にも綺麗にして欲しく奥歯にも歯がないため来院されました。

 

治療中

切開にて歯茎の中の悪い組織を徹底的に除去し、見た目にもわかりにくい糸を使用しました。その後、歯茎が成熟するまで仮歯でメインテナンスを行いました。

 

治療後

歯茎の状態も良くなり、オールセラミッククラウンを装着した状態です。

歯周病でお悩みの方は、大阪市北区・大阪市福島区のこばやし歯科クリニックへご予約ください。

  • 下記より24時間ご予約いただけます Web診療予約はこちら
  • お問合せはこちら
  • tel_sp.jpg