予防歯科・メインテナンス

むし歯予防・歯周病予防について

むし歯や歯周病は原因がはっきりしているため、「予防しやすい病気」であると考えることもできますが、治療後に再発しやすい病気でもあります。再発を防止するためには、歯科医院での定期検診が効果的です。メインテナンスのプロである歯科衛生士のプロフェッショナルケアを受けることで、ご自宅でのブラッシングだけでは落とせない汚れをきれいに除去し、口腔内を清潔な状態に保つことができるようになります。

大阪市北区・大阪市福島区のこばやし歯科クリニックでは担当衛生士制を導入しておりますので、同じ歯科衛生士が患者様の口腔内をチェックし、わずかな変化も見落とさないような万全のメインテナンス体制を整えています。患者様によっても異なりますが、当院では基本的に4ヶ月に1回程度の検診を推奨しています。

当院の予防歯科

ブラッシング指導

「磨いている」のと「磨けている」のとでは、予防効果に大きな差があります。適切なブラッシング方法や、ご自身の歯に合ったブラシの選び方などを身に付けて、毎日のケアを効果的なものにするようにしてください。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促進し、歯質を強化する効果などがあるフッ素を塗布することで、むし歯になりにくくします。定期的に行うことで、高い予防効果を発揮します。

PMTC

歯科医院で、歯科医師や歯科衛生士が専用器具使って行うクリーニングです。ブラッシングなどご自宅でのケアだけでは落としきれない汚れも、きれいに除去することができます。

噛み合わせチェック

噛み合わせの悪さは見た目の問題だけでなく、適切なブラッシングが行いにくいために、むし歯や歯周病になりやすい口腔内環境を作ることがあります。また、噛み合わせの悪さにより全身のバランスが崩れて、頭痛、肩こり、腰痛、顎関節の痛みなどを引き起こすことがあります。噛み合わせに問題がないか、定期的にチェックします。

生活習慣の指導

食生活や睡眠、喫煙などが大きく関わることから、むし歯や歯周病は生活習慣病の一種であるとされています。患者様お一人おひとりの生活習慣を詳しくおうかがいした上で、口腔内を健康に保つために必要なことをアドバイスします。

定期検診で行うこと

むし歯や歯周病を予防するためには、ご自宅での適切なケアと合わせて、歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることが大切です。「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになるのではなく、「歯を病気から守るために通うところ」と認識をあらためて、定期検診を受ける習慣を身に付けるようにしてください。

大阪市北区・大阪市福島区で歯の定期健診をご希望の方は、当院までご予約ください。

歯周ポケットの検査

専用器具を使って、歯周ポケットの深さを検査します。歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合には、注意が必要です。歯周病にかかっている可能性があります。

スケーリング

「スケーラー」と呼ばれる専用器具を使って、歯に付着した歯垢(プラーク)や歯石を除去します。

むし歯のチェック

歯質の変化を検知する診断装置「ダイアグノデント」などにより、むし歯の有無をチェックします。「ダイアグノデント」であれば、人間では感知できないようなむし歯も早期に発見することができるようになります。

噛み合わせのチェック

噛み合わせの悪さは、むし歯や歯周病などになりやすい口腔内環境を作るほか、頭痛、肩こり、腰痛、顎関節の痛みなどを引き起こす場合があります。そうしたことを予防するために、噛み合わせに問題がないか定期的にチェックします。

大阪市北区・大阪市福島区で予防歯科なら、こばやし歯科クリニックへお任せください。

  • 下記より24時間ご予約いただけます Web診療予約はこちら
  • お問合せはこちら
  • tel_sp.jpg