根管治療

歯の神経の治療~根管治療

神経にまで進行してしまった重度の虫歯になると、歯を削ってインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を装着する治療だけでは済まなくなり、神経の治療が必要になります。それが根管治療です。

根管治療とは、根管内の虫歯に冒された神経や血管を取り除き、消毒して薬剤を充填する治療。肉眼では見えない部分の治療となるため高度な技術が必要ですが、大阪市北区・大阪市福島区からも近いこばやし歯科クリニックでは歯科用CTとマイクロスコープを用いて精密な根管治療を実現しております。また数多くの治療実績を持っておりますので、安心してご相談ください。

なぜ根管治療は必要?

かつて重度の虫歯になると、その歯は抜かなくてはなりませんでした。そうやって一度抜いてしまった歯は、元に戻すことはできません。その上、歯を抜いてしまうと口元の見た目が悪くなるばかりか、残った歯並びが乱れてしまうことがあります。しかし今日、根管治療の技術が進歩したことで、重度の虫歯も残せるようになりました。根管治療とは、自分の歯を残すための大切な治療なのです。

根管治療が必要な症状とは?

根管治療が必要な症状には、次のものがあります。これらの症状には個人差がありますので、くわしくは当院までご相談ください。

神経が残っている場合の症状
  • 冷たい物や甘い物を食べると、しみたり痛んだりする
  • 噛みしめると痛い
  • 何もしなくても痛みがある

など

すでに神経がない場合の症状
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきをさわると痛い
  • 噛みしめると痛い
  • 歯が浮いているような感覚がある

など

根管充填とは

根管治療では、根管内の神経や血管を取り除いてきれいにした後の薬剤の充填がとても重要になります。この際、いかにすき間なく充填できるかが根管治療の成功のカギとなるのです。

根管治療の流れ

1神経・血管の除去

はじめに、虫歯によって冒された根管内の神経や血管を取り除きます。

矢印

2作業長測定(EMR)

神経や血管が取り除かれた根管内を洗浄し、殺菌・消毒を行いきれいにします。

矢印

3薬剤の充填

きれいになった根管内に、すみずみまですき間なく薬剤を充填します。

矢印

4土台構築・クラウン装着

歯根に土台を構築し、クラウンを被せて治療は完了です。

症例紹介

審美的根管治療①

治療前

経年的に歯の色が変色してしまっています。

 

治療中

ファイバーコアをいれており強度も高く、また審美的にも改善されております。

 

治療後

オールセラミッククラウンを使用し、審美的にも改善されました。

根管治療例②

治療前

治療後

根管治療例③

治療前

 

治療中

前歯部に関して長い歯の針棒を歯を削らずに除去した状態です(写真左)

 

治療後

根管治療費のご案内

※保険治療と自費治療のコースがありますので、詳しくはお問合せください。

※掲載価格は全て税抜きです。

前歯 80,000円~
小臼歯 100,000円~
大臼歯 150,000円~
ファイバーコア 10,000円~
MTA使用料 50,000円~

大阪市北区・大阪市福島区で根管治療をご希望の方は、精密検査が可能なこばやし歯科クリニックまでご相談ください。

  • 下記より24時間ご予約いただけます Web診療予約はこちら
  • お問合せはこちら
  • tel_sp.jpg